ブログBLOG

0533-56-8999

小児歯科について

2018年6月21日

乳歯だからと言ってむし歯の放置は危険です

むし歯は細菌感染によるものです。
当然、口の中にむし歯菌がたくさんいる状態で放置すべきではありません。また、乳歯のむし歯であっても、治療をしないままだと永久歯が生え揃ったときに歯並びが悪くなるというリスクがあります。
むし歯のある場所で噛むことを避け、いつの間にか変な噛み癖がつくこともあります。
歯みがきをしていれば絶対にむし歯にならない、ということではありません。まずは、検査を受けて正確な原因を知りましょう。それぞれの原因やリスクに応じて、適切に対応することが大切です。

当院の予防方法

ブラッシング指導

年齢、歯並び、生えかわりの状況など、お子様の口腔内環境に合わせてブラッシング指導を行います。
使用する歯ブラシや歯みがき剤、ご家族の方向けの仕上げ磨きについてもアドバイスします。

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化する働きがあります。
歯の表面に塗布することで、むし歯への抵抗力を高めること、再石灰化を促進して溶かされた部分を修復することが期待できます。

シーラント

乳歯の奥歯には、複雑で細かい溝があります。
汚れが溜まりやすいことに加え、ブラッシングしにくく磨き残しが多いため、むし歯になりやすいのです。
奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めることで、むし歯を予防します。

当院には食育インストラクターの資格を持った歯科医師が在籍しています。

食育インストラクターとは、「NPO法人食育インストラクター協会」が認定する民間資格で、食育を基礎から学び、日々の生活に活かし、食育の指導者となることに重点を置いた資格です。

食事をもっと楽しく

食育とは食べ物への知識や気遣い、食べ方を主としています。
咀嚼習慣を意識することも重要です。
お子様の成長のためにバランスの良い食事、しっかりと噛んで顎を成長させること、これらを一緒に考えていきましょう。