ブログBLOG

0533-56-8999

歯周病治療について

2018年6月21日

当院には歯周病認定医の歯科医師が在籍しています

下記の症状が当てはまった場合は一度ご相談ください。

このような症状
ありませんか?

    • 歯肉から出血がある
    • 歯が伸びた気がする
    • 歯肉がかゆい
    • 歯肉から膿が出る
    • 歯がぐらぐらする
    • 歯肉が赤みを帯びている
    • 口臭がきついと言われた
    • 歯肉が腫れている

当院の歯周病治療

スケーリング

「スケーラー」と呼ばれる道具を用いて、歯石、バイオフィルムを除去します。
歯石は、蓄積された歯垢が変化したもので、磨き残しが原因で溜まった歯垢が歯石になり、歯みがきでは取り除けません。超音波スケーラーや手用スケーラーなど、様々なスケーラーを歯石の付着具合によって使いわけます。

SRP

歯周ポケット内部にある歯石、歯根の表面の汚れを除去し、滑らかにすることをルートプレーニングと呼びます。歯根面に歯垢が付着すると、細菌が浸透して汚染セメントになります。これがあると歯肉が歯根につかず、歯周ポケットが改善しにくい状態になります。
歯肉の付着を促し、歯根表面を滑らかな状態にすることで、歯垢が溜まりにくい状態にします。

歯周外科

歯槽骨が大きく破壊されて歯周ポケットが深い場合は、スケーリングだけでは歯石を除去することができません。その際、歯肉を切開し、歯根を露出させてから歯石を取り除きます。これをフラップ手術(付着療法)ともいいます。